情報発信型アプリ作成サービスのRinlceの使い方などを解説したサイトです。

Rincleの機能として新たに加わったYahoo!ショッピングオーナー用のアプリの解説をしています。

http://rincle.net/rincleapp/ja/pc/staticpage/show/home

このRincleのトップページの真ん中から少し下あたりに

スクリーンショット 2013-12-25 22.25.48
こんな画面があると思います。
(画像クリックで大きくなります。以下同)

この<新規ショップ登録>をすると、Yahoo!ショッピングにお店を持っているオーナーの方が自社の商品をYahoo!ショッピングモール以外にもうひとつWEBサイトを持てます。そして、Androidスマホユーザー向けにはスマホアプリとしてショップの動画を配信したりお知らせや最新ニュースを配信したりと、総合的にショップの宣伝をアプリとして提供することもできます。

Yahoo!ショッピングのIDを持っていない方は自分の作ったアプリにショッピング機能をつけてアフィリエイトができます。
この<新規ショップ登録>は自分のお店に誘導するための一つのツールという位置づけで使えます。

ショップオーナーの方の悩みとは?

ショップを経営していて一番悩むのは何でしょうか?
それは

宣 伝

ではないでしょうか?
超人気商品なら、超人気店なら、わざわざ宣伝しなくてもみんなが買いに来てくれます。それでも移ろいやすいこの社会では顧客の定着にはみなさん、頭を悩ませています。自社の宣伝をもっと効率的にやりたい、でも経費は出来るだけ抑えて、と思いますよね?

Rincleで作ったWEBサイトを使って売り上げをアップさせよう

そんなショップオーナーの悩みにお答えするのが、Rincleのサービスです。
自社のショップIDを指定するだけであっと言う間にサイトが出来ちゃいます。

スクリーンショット 2014-04-24 22.56.09

スクリーンショット 2014-04-24 22.56.34

スマホアプリとしての活用

さらに、ちょっとした手続きを踏めばAndroidスマホアプリとしてユーザーに配信できます。配信というのはスマホの中に例えば

IMG_4334
こんな感じにアプリとしてダウンロードしてもらって自分のショップを見せることもできます。
楽天、Yahoo!ショッピングもありますね。無印は結構有名かもしれません。大手のモールやブランドではもはや当たり前にあるスマホアプリなのです。

Rincleアプリは動画を集めてきてアプリとして公開するのが一番の大きな特徴です。
ではそれをショッピングにどう生かすのか?

例えばお店のプロモーションビデオを作る。これは何も大きなお店だけの専売特許ではありません。
今や万人が、自分で作った動画をアップして公開できる場があります。youtubeでも動画に広告をつけるのはもう普通になっていますよね。
もちろんyoutubeに広告を載せるのは無料ではなくGoogle AdWordsという1クリックいくらという料金が発生しますけどね。

ただ、自分の会社のプロモーションビデオだけではちょっとコンテンツとしては寂しいですよね。作るのも結構大変です。
だから、それに関連した動画を見つけてくる。関連商品を
例えば「時計」を扱っているなら「時計」で検索して集める。DIESELの時計なら「時計 diesel」で検索する。
すると、たくさんの人がディーゼルの時計の動画をあげています。それを載せる。

例えば、ドラマで使われた商品を扱っているならそのドラマの動画を集める。

こういった使い方ができます。

どうですか?使い方、広がりましたか?

それでも敷居が高いかも?スマホアプリ

スマホアプリとして自社のショッピングサイトを宣伝するにはちょっとだけ手間がかかります。
だから、まずはWEBサイトを作ることを主眼にRincleを活用されることをおすすめします。
ショップのみでいいよ、という方はもちろん簡単な設定だけですぐにでもWEBサイトができます。

アプリとして公開するには何が必要か?

スマホアプリとして公開するには

 1)Googleデベロッパー登録をする
 2)作成したアプリをGoogle Playに登録する

というステップが必要です。

さらに、そのアプリに広告を載せて広告収入を得たい場合は

 1)AdLantisの広告ユニットを取得する(AdLantisのユーザー登録必要)もしくは
   AdMobの広告ユニットを取得する(AdMobのユーザー登録とGoogleアドセンスのアカウント必要)
 2)Rincle管理画面にて広告ユニットIDの設定をする

のステップが必要です。
これらについてはそれぞれの解説がありますので随時参照してください。

どんなお店が使えるの?

基本的には個人・法人問わず全てのYahoo!ショッピング店舗を持つオーナーの方が使えます。

特にYahoo!ショッピングのお店と別に店長ブログだったりお店のホームページだったりがある。さらにYouTubeに動画もアップしている。
そういう多面的にお店展開をしているオーナーの方はこのRincleのアプリを作ることで動画からショッピングからブログから一つで何役もこなすツールが出来上がるというわけです。

今や物販に限らず「何かを売る」ことをしている方でホームページを持っていない方は少ないと思います。そういうオーナーの方はさらに販売チャンスを増やすことにつながるでしょう。

ただ、個人で出店している方などはやはり費用面などを考えて自分のホームページを持たずYahoo!ショッピングだけのページという方もいるのではないでしょうか。Yahoo!ショッピングではページ作成から決済まで一環した流れでお店を作ることを主眼としているため、簡単にお店が持てるのですからね。

Rincleはそんな方々にさらに動画でわかりやすい商品説明や簡単に新商品のお知らせをしたりできるサービスを提供しているのでさらにさらに販売チャンスがあがるわけです。あ、動画は自分で作らないといけませんけどね^^。のちのち動画作成マニュアルやYouTubeへのアップの方法などものせていく予定です。

あと、

Rincleは全て無料

で使える情報発信型サービスなのでよけいな費用がかからない

やっぱり無料っていいですよね!

それでは具体的に見て行きましょう。

ショップとして登録する

この部分は基本的にRincle新規登録をする行程と同じです。

———————————–
Rincleサイトへ行きます。⇒ Rincle公式サイト

スクリーンショット 2013-12-25 22.25.48
ショップ新規登録ボタンをクリックしましょう。

Rincleは2段階登録です。
まずはメールアドレスのみを入力して送信します。
RincleSign-2

送信後の画面はこうです。
RincleID003

すると、Rincleから入力したアドレス宛に登録用URLが届きますので、メール内のリンクをクリックしましょう。
RincleID001
この段階で仮登録完了です。

ここまでがRincle新規登録と同じ過程です。

メールのリンクをクリックすると詳細情報の登録画面が開きます。
ここからはYahoo!ショッピングオーナー様用詳細画面です。

スクリーンショット 2013-12-26 08.02.54
スクリーンショット 2013-12-26 08.03.12
(画像は2枚になっています。それぞれクリックして拡大してください。)
赤枠で囲んでいる箇所は必須入力です。必ず入力して確認画面に行きましょう。

一番下の「Yahoo!ショッピングに出店している」が違う部分です。
初期表示はONになっています。ショップオーナーの方は何も考えずにONのままで!

あと、後で変更できない項目がありますので間違えないようにしましょう。

スクリーンショット 2013-12-26 08.15.28
問題なければ登録ボタンをクリックしましょう。修正があれば、修正ボタンをクリックして前画面に戻りましょう。戻った場合はパスワードはリセットされますので入力しなおしましょう。

登録ボタンをクリックすると、仮登録したメールアドレスに本登録完了メールがきますので確認してください。
RincleID002
これで本登録が完了しました。

上記の確認画面で登録が終了するとすぐに詳細設定の画面になります。

本登録が済んだら。。。ショップ詳細設定!

このあとは詳細画面でショップIDを入れたり取り扱い商品のカテゴリーを決定したりします。
【Yahoo!ショップに関して】の画面
スクリーンショット 2014-04-22 11.44.58
ショップIDを入れましょう。
ここで商品カテゴリーをあらかじめ選択しておくと、登録後にショッピング一覧画面に自動的にトピックができているんです。
もちろん後から追加することもできるので商品構成が変わっても大丈夫です。

スクリーンショット 2014-04-22 11.45.45
現段階(2014年4月)では商品カテゴリーの絞り込み機能がスマホ版では可能ですがWEBサイトでは十分ではないので、WEBサイト中心で展開しようと考えていらっしゃる方はまずは一つか二つの商品カテゴリーにしぼっておいてください。
最近はスマホでお買い物する方がかなりいるのでスマホ版を充実したい方はどんどんカテゴリーを増やしてください。
(WEBサイトのこの機能についてはのちほど追加される予定です)

アプリ内広告について

このアプリ内広告の設定はスマホアプリとしてユーザーに使ってもらうことを前提とした設定です。上記スマホアプリとしての活用をご参照ください。WEBサイトだけでいいというかたは特に設定する必要はありません。

スクリーンショット 2013-12-28 19.37.29
この画面のAdMob広告IDについてはAdMob広告ユニットIDを取得するに詳しく書いていますので参考にして作ってみてください。

スプラッシュ画像の設定

スプラッシュ画像というのはアプリを立ち上げたときに最初にちょっとだけ現れる画像のことです。ここももしオリジナルがあればそれにしたほうがいいでしょう。なければRincleのデフォルトの画面が起動します。

スクリーンショット 2013-12-28 19.37.44

ショップアイコンの設定

ショップのアイコンを作りましょう。お店のオリジナルロゴがあればそれを使うのが絶対にいいです。

スクリーンショット 2013-12-28 19.38.00

以上までの設定が終了したら<確認画面へ>ボタンをクリックしましょう。

確認画面

スクリーンショット 2013-12-28 19.50.58
確認画面です。ちょっと画像が違うところがありますがダミー画面なので気にしないでください^^

スクリーンショット 2013-12-28 19.51.25
スプラッシュ画面の画像

スクリーンショット 2014-04-22 17.29.37
アイコン(Rincleの用意しているアイコン)
これでOKなら設定保存しましょう。

ショッピングトピック一覧にいきなりできてるトピックたち

スクリーンショット 2014-04-22 17.32.15
設定保存したあと、トピック一覧にはすでにカテゴリー別にトピックができています。

ご注意! 詳細設定で商品カテゴリーを選択していない場合はトピックは作られません!

しかもお店IDが入っているので自動でお店の商品を、そしてカテゴリー別に取得して並べくれるんですよね。

これってかなり楽ですよ!
上記一覧の右側の「設定」ボタンをクリックしましょう。

スクリーンショット 2014-04-22 17.39.51
商品カテゴリーを作ったタイミングでここまではできています。
基本的には記事は公開でおすすめ設定、自動更新にもなっています。

画面の上部にありますが、
スクリーンショット 2014-04-22 23.01.18
ここでは記事というかYahoo!ショッピングから取得してくる自分の店の収集条件をいれることができます。

お店IDを指定した場合、カテゴリーのみ指定可能です。キーワードとの同時指定はできません。
(ご迷惑をおかけしまして申し訳ありません。早急に修正する予定です。)

ということで大変申し訳ありません。

また、上記部分で商品の表示順という欄があります。
スクリーンショット 2013-12-29 13.18.10
何も設定しなければ新着順での表示です。
新着順以外は図のようにアフィリエイト料率順、レビュー数順があります。ショップオーナーの方なら、価格順かレビュー数順がいいかもしれませんね。
アフィリエイト目的の方でも料率順だけでなくレビューが多い順の方がアクセス数はのびますのでそちらのほうがいいかもしれません。

完成したアプリ

ショッピング以外に会社概要、アクセス、お知らせなどなどお店の情報も一緒に作りましょう。それらを作る場合はこちらの機能の設定を参考にしてください。この機能のうち、Blog機能をONにしてBlogの中で会社概要、アクセスや送料などの注意書きなどを作っていきます。お知らせはNEWS機能で作るとよいでしょう。

全てをいれると完成画面はこんな感じです。

IMG_4324

一番上は<お知らせ>機能です。
IMG_4325
こうやって新着のお知らせを入れたり、臨時休業のお知らせなどをいれるといいと思います。アプリを起動したらまず新着が表示されます。

会社概要や当サイトについてなど
IMG_4326
内容が基本変わらないものはblog機能に<会社概要><当サイトについて>などなどを記述するといいと思います。

動画もあればのせましょう。
IMG_4327

これはサンプルとして引っ張ってきた動画なので、できれば自分のお店の動画をのせましょうね。ただ、CDやDVDなどの場合はプロモーションビデオなどがyoutubeにあればそれを載せるのもいいかもしれません。一度聞いて「あ、これ、ほしい」と思ってもらえたら購買意欲を刺激することができますしね。

会社のプロモーション的な商品説明動画があると消費者はビジュアルでそれがわかるので購入してくれるチャンスが増えること間違いなしです!

これで一通りの説明は終了です。

アプリをGoogle Playに登録する方法はGoogl Playにアプリを登録するを参照してください。

Rincleでお店の販路を広げていきましょう!

PAGE TOP ↑